關於部落格
  • 1634

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

マビノギ英雄伝 育成代行

Rfifa 15 rmt pc
。初代ヒュッケバインの1機たる「009」は「エクスバイン」、「アッシュ」と名を変え姿を変え、6(ゼクス)番目のヒュッケバイン、「エグゼクスバイン」へと辿り着いたのでした。 まさしく集大成、超ハイクオリティなキット 長々と語ってしまいましたが、要はエグゼクスバインは「ヒュッケバイン」のひとつの到達点にある、というお話でした。そして、それはこのプラスチックモデルキットシリーズにおいても同様のことが言えます。 初代ヒュッケバインはこの「S.R.G-S」シリーズの1番目のラインナップで、その発売日は2003年末。当時からすれば画期的な試みが満載の先進的プラキットでしたが、今の目から見るとお世辞にも良い出来のキットとはいえません。しかし、このプラキットシリーズは数を重ねるごとに塗装済みパーツ、細かな色分け、パーツ分割、可動の追究などなど、様々な試みや技術が取り入れられていきました。 マビノギ英雄伝 育成代行 そして、11年後に発売された凶鳥の眷属にして末裔の「エグゼクスバイン」は、まさにそのシリーズ集大成とも言えるべきキットとして世に送りだされたのです。 組みやすさは最近のS.R.G-Sシリーズでも随一。パーツ分割が単純なため、見た目よりもはるかに少パーツで構成されていることがわかります(その分合わせ目がやや多めに出ます)。また、元デザイン的にもカラーリングがそこまで激しくないのでマルチカラーキットとして十分な色分けが行われていることがわかります。頭部のツインカメラアイとゴーグルは塗装済み&クリアパーツで処理されていますので素組派にも安心。目立つ箇所で足りない色は頭頂部センサーのブルー、各T-LINKスライダーと足首裏のホワイトなどなど。ポイントで塗装するとグッと完成度が増すかと思います。筆者の作例は今回時間がなかったので素組のままですが、それでも十分なカラーリングと完成度であることが確認いただけるかと思います。 プレイバリュー豊富な武装パーツ パーソナルトルーパーということで、とにかく武装が豊富なエグゼクスバイン。全18基のT-LINKスライダーは全て取り外しすることが出来、きちんと展開することも可能。T-LINKレボリューターも劇中のイメージ通り再現出来ます。 マビノギ英雄伝 RMT 手持ち武器としては巨大実体剣「T-LINKセイバー」が存在。T-LINKセイバーは背中のストライクシールドの鞘に収めることも出来ます。また、このストライクシールド自体を腕にマウントすることも可能になっています
相簿設定
標籤設定
相簿狀態