關於部落格
  • 1634

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

マビノギ英雄伝 育成代行

Rfifa 15 rmt pc
。 「ミランも本田も消えたのはなぜか? いい質問だ」  『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のマルコ・パソット記者は呆れた表情で語った。 「このパフォーマンスの低下は、どう説明をつけるというんだ? 確かにパレルモは良かったが、カリアリ戦から2連続でこの不甲斐ない試合、しかもホームでだ。最終的に試合でたった3本しか枠内シュートを放っていないんだぞ。本田にしても、この過密日程の中であれだけずっと使い続けていれば疲れるに決まっているだろうに」 「戦術として洗練されていないから止められてしまう」  『ラ・レプッブリカ』のステファーノ・スカンキ記者は「もうミランのサッカーが読まれてきているんじゃないか」と語り、インザーギ監督の采配や強化戦略に疑問の目を向けた。 「相手に3、4人スピードの速い選手がいるだけで、ミランのDFはひどく苦しんでしまう。そこに加えて、サポナーラの中盤起用なんか博打もいいところだ。どうしてインザーギはボールを足元で細かくつないで攻撃をするということにばかりこだわっているんだろう。その中盤がカリアリ戦ではスカスカだったから、やられる運命にあった」  そして批評の目は、本田を含めたFW陣のコンディショニングにも向けられた。 マビノギ英雄伝 育成代行 「前線は選手のコンディションがまちまちだ。エル・シャラウィは故障上がりからの回復中で、メネズも同様、トーレスに至っては調子すら上がっていない。それに加え、もうサイドの選手が中に絞るという戦術も相手に見え見えだろう。  確かにラツィオ戦やヴェローナ戦ではうまくもいったが、それ以降は戦術として洗練されていないから止められてしまう。本田にせよ、試合中はあれだけ上下動を繰り返しているのに試合に出され続けるのだから、消耗するのは当たり前だ」  次節は暫定3位にいるサンプドリア。インザーギ監督は修正を予告しているが、果たしてどうなるか。 マビノギ英雄伝 RMT 試合が進むとともに、カンプノウの苛立ちは募っていった。  セルタを迎えたホームゲームで、バルセロナはチャンスは作った。ネイマールが、メッシが、スアレスが、次々とシュートを放つ。この日枠を叩いた回数は実に4度。彼らに多少運が欠けていたことも確かだ。  しかし、それでも現在のバルサに一時期の連動した崩しは見られない。  攻撃パターンはいずれも、前線の豪華な3人、メッシ、ネイマール、スアレスがボールを持ち、仕掛けるところから始まる。特に、これがバルサでの2試合目の出場となったスアレスのパフォーマンスは評価していいだろう
相簿設定
標籤設定
相簿狀態